日焼け止め

紫外線の種類と肌への影響

紫外線

運動会はお天気は晴れてほしいですね!!

でも気にしてほしいのが、日差し!

「曇りの日は大丈夫!」と思っていたら

あとで大変なことになるので、日焼け対策はキチンとしておきましょう。

紫外線の種類ABC

紫外線には種類があるのをご存じですか?

紫外線には、

紫外線A(UV‐A)・紫外線B(UV‐B)・紫外線C(UV‐C)

という種類があります。

まずはあまり聞きなれない紫外線Cについて説明します。

紫外線C

実はこの聞きなれない紫外線C(UV‐C)は、

最も肌に影響があるものと言われています。

 

シミやシワやその他肌トラブルはもちろんのこと

皮膚がんなど肌に及ぼす危険性が一番高いと言われています。

 

しかしながら、紫外線C(UV‐C)は

地球のオゾン層が吸収するため

私たちが生活しているゾーンまでは届きません。

 

そのため、市販されている日焼け止めは

紫外線A(UV‐A)と紫外線B(UV‐B)を考えて作られています。

 

しかしながら、近年ではオゾン層の破壊の問題などもあり

紫外線C(UV‐C)の存在も否定できない可能性も出ています。

紫外線A(UV‐A)

紫外線A(UV‐A)は最も波長の長い紫外線です。

私たちが浴びている紫外線の9割はこの紫外線A(UV‐A)だと言われています。

また波長が長いため1年中、曇りの日も関係なく降り注いでいます。

人体に及ぼす影響は最も少ないと言われていますが

肌の真皮にまで侵入して老化を進行させてしまいます。

 

シワやたるみなどの原因になることや

すでに出来ているメラニン色素を酸化させて

黒くさせる作用もあるため注意が必要です。

紫外線A波(UV‐A)は、曇りの日でも降り注いでいます。

窓ガラスも通り抜ける性質があるので

家にいるときも注意が必要です。

紫外線B(UV‐B)

紫外線B(UV‐B)は、私たちの浴びている紫外線の1割ほどと少なく

紫外線A(UV‐A)に比べ表皮までしか届きませんが

肌への影響が強いため、短時間でも肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

ちなみに紫外線を浴びて赤くなったり、痛くなったりという炎症の症状は

紫外線B(UV‐B)による影響と言われています。

特に日差しの強い日は、紫外線B(UV‐B)が多いので

気をつけたいところです。

紫外線

紫外線B波(UV‐B)は、短時間でも肌にダメージを与える可能性がある。

日差しの強い日はとくに紫外線B波(UV‐B)が多いので気をつける!

日焼けによる肌へのダメージ

紫外線の影響により、日焼けをして肌が赤くなったり

ほてりや水ぶくれなどの症状になります。

 

そして、シミやシワなど肌の老化を促進してしまいます。

さらに年齢を重ねた肌は抵抗力が弱くなるために

影響も受けやすくなります。

 

そして老化はもちろんのこと、最も怖い肌のトラブルでは皮膚がんです。

日焼けをしたからすぐに、皮膚がんになるわけではありませんが

長時間・長期間にわたって紫外線を浴び続けるというのは

避けたいものです。

そして日焼けをすると乾燥しやすくなるので

紫外線を多く浴びたあとは

保湿ケアにも十分に気をつけましょう。